宅地建物取引主任者(宅建)を取得する

資格試験の中でも多くの受験者を集める、つまり人気の資格試験が宅地建物取引主任者です。通称、「宅建」と呼ばれています。

不動産業界の人にはなくてはならない資格と言っても過言ではありません。必置資格と言って、不動産屋さんなどには店舗ごとに基本的に1名以上は必ず設置しなければいけません。そのため、常に宅建の資格を持っている人材のニーズは高く、不動産を扱う会社にとっては必要不可欠な資格なのです。

不動産の営業マンはもちろん、事務職を任されることも多い女性は特に事務所にいることが多いため、宅建の資格を持っていると会社から見れば重宝する人材です。簿記の資格と宅建の資格を持っていれば、不動産業界への就職・再就職・転職はかなり有利に働くと考えて良いでしょう。

宅建資格が女性に人気の理由は、再就職や転職に有利ということの他に、勉強しやすいということが挙げられます。

宅建試験は50問の択一試験です。ですから、記述したり論文を書くなどの解答方式ではなく、比較的勉強しやすいのです。だからと言って、簡単な試験ではありませんが、国家資格としては比較的狙いやすい資格です。

合格率は15~20%で推移しており、これだけを見ると難易度は高いような気がするかもしれません。しかし、宅建試験は不動産・建設業界など多くの会社で社員に強制的に勉強をさせていることが多いのです。そのような社員はそれほど熱心に勉強をしておらず、とりあえず毎年受験しているという感じですので、しっかりと勉強をすれば実質的な合格率は50%程度まで引き上がります。

初学者でも比較的勉強しやすく、過去問からの出題がほとんどですので、資格試験の勉強方法やスキルを身につけたいという女性にも向いていると思います。また、基本的な民法など法律を勉強しますので、他の資格へのステップアップとして受験する人も多くいます。

まずは宅建を取得して、行政書士に挑戦したり、社会保険労務士に挑戦するなど、法律系の勉強は関連性が強くなっています。その意味でも、女性に人気の資格となっているようです。

宅建試験を勉強することで、資格試験の王道的な勉強法をマスターすることが可能です。勉強期間は半年程度あれば十分合格が可能であり、コツコツと問題集を継続して解いていけば必ず合格は可能でしょう。

とりあえず法律の勉強をしてみたい女性や、再就職や転職の武器となる資格が欲しい女性にはオススメの資格です。不動産に興味がなくても、自分が住宅を建てたり、マンションを購入する際にもとても役立つ知識を習得することができます。

勉強そのものが面白い、という女性も非常に多いので、楽しみながら勉強を進めることができると思います。ただし、合格するためには、やはり覚えるという作業は必要ですから、根気良くコツコツ勉強を継続することが重要です。

独学で合格を目指すことも不可能ではありませんが、やはり資格学校の通信講座などを利用した方が効率よく勉強を進められます。宅建講座を開講している資格学校は多数ありますので、自分に合った講座を選択するようにしてください。他の資格試験に比べれば、通信講座の受講料は比較的安く勉強することができます。

 宅地建物取引主任者(宅建)試験の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です