かけはぎ技術(衣類傷修復)で副業・副収入を得る

衣類の傷を修復するかけはぎの技術

 

「かけはぎ」と聞いてもなかなかピンとこない・・・というのが現状かも知れません。

 

しかし、実はかけはぎというのは昔から伝統的な技術として絶対的に不可欠なものです。具体的に何をするのかというと、衣服の虫食いだとか、タバコの焦げ穴などを共布を使って修復する業務を担います。つまり、洋服類の修理の専門家といえるものです。

 

かけはぎは地味だが仕事は多い  お気に入りの洋服が!というときに、クリーニング店や洋服の修理店に持ち込むこともあるでしょう。そういったとき、通常はクリーニング店などは自分たちで修理を行なっているわけではありません。

 

クリーニング店はあくまでクリーニングの専門家であって、修理の専門家ではありません。洋服の修理には時間がかかることが多いですが、それは、クリーニング店などが「かけはぎの技術者」に仕事を依頼しているためです。

 

そう考えると、かけはぎ技術を有していると、需要はたくさんあるということが分かると思います。

 

技術者の不足によりニーズ急増中

 

かけはぎの技術者はどんどん減少しているのが現状です。裏方的な業務であり、そもそもその存在自体をそれほど意識することがありません。また、どのようにして技術を習得すれば良いのかということも不明確であり、それが技術者不足を助長させています。

 

一方で、良い物を長く着るという習慣はこの不景気であれば余計に尊重され、結果的にかけはぎの業務は増加しています。しかし、その需要に技術者の数が追いついていないというのが現状なのです。

 

地味な仕事ですが、技術さえあればどこにいっても通用する確かな特技といえます。お気に入りの洋服について困っている人を助けるという意味でも、やりがいのある仕事であるといえるでしょう。

 

業務は地味でも高収入が得られる

 

業務そのものは非常に地味です。しかし、技術を持つ人が極めて少ないため、たとえ小さな傷の修理であっても高い収入を得ることができます。空いている時間にこなすことができるという意味でも副業向きといえるでしょう。

 

このかけはぎの技術ですが、どのようにして学ぶことができるのかといえば、今までは職人の技術として承継されてきたレベルで、一般的ではありませんでした。しかし、たくさんの通信講座を開講するがくぶんによって、伝統的なかけはぎの「抜き糸方式」の技術が自宅で学べる日本初の講座が開講sれています。

 

しかも、仕事のとり方までマニュアルとして提供されますので、どのように仕事を探せば良いのかということまで学ぶことができる、たいへん貴重な講座なのです。

 

5mm程度の比較的大きな穴の直しであれば約5000円の収入と、決して低い水準ではありません。技術をさらに磨くことで、安定的に受注を確保することができるようになります。

 

かけはぎは生涯にわたって年齢を問わず仕事ができる魅力的な技術です。まずは、無料で資料を請求してどのようなものか、情報をゲットしてください。以下のバナーより、無料で資料をもらうことができます。

 

めざせ!在宅ワーカー!

 

がくぶんは日ペンの美子ちゃんでおなじみの80年の通信講座開講の歴史を誇る、資格や技術習得のための有名教育機関です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です