テープライターで副業・副収入を得る

デジタル化の到来で益々高まるテープライターニーズ

 

テープライターというのは、対談や取材、講演会、会議などの録音テープを文章に書き起こす仕事。デジタル化の進展によって一見するとなくなりそうな仕事ですが、実は逆に業務は増えているというのが現状です。

 

結局、全てをデジタル化することはできません。つまり、録音する技術がいくら高まっても、文章に直す作業は人間がやらなければならないのです。いずれは、コンピューターがある程度は文章化してくれるでしょうが、それでも最終的な確認は人の手が必要になります。

 

テープライターの仕事はなくならないもの テープライターの仕事は、今も昔も技術を持っている人に任せる(依頼する)というのが一般的です。従って、自治体や企業などは外部に依頼することが多いため、技術を有する人材には安定的に仕事が入るようになっています。

 

誰でもできそうな業務に思えるテープライターの仕事ですが、それほど単純なものではありません。スピードと正確性の2つが要求されるまさに技術の世界なのです。

 

基礎からしっかりと学ぶことがポイント

 

見よう見真似でテープライターの仕事をすることは不可能ではありません。しかし、テープライターの仕事は単純な「講演会」といった一方的に一人の人が話している録音テープとは限りません。

 

例えば、インタビューテープライトや、会議テープライトといったものから、同時通訳テープライト、2次テープライトというような専門性の高いテープライトもあります。これらは、見よう見まねでできるものではなく、基礎的な知識を学んだうえで練習を繰り返して自分のものにする必要があります。

 

がくぶんのテープライター養成講座では、初めての女性でも問題なくステップアップできるようなカリキュラムが組まれています。自宅で通信教材を利用しながら、テープライターの技術を習得することが出来るようになっています。

 

就業バックアップ体制

 

テープライターを学ぶ上で最も不安となるのが、仕事が確保できるのか?ということですが、がくぶんではそういった就業の支援も行なっています。大手の人材登録会社に登録することができたり、自ら就業を目指すための就業マニュアルももらうことができます。

 

就業バックアップまでしてくれる通信講座はほとんどありませんので、安心してテープライターの勉強をすることが可能です。

 

自宅で自分のペースで業務を行なうことができるテープライター。女性に適した仕事であるといえるでしょう。無料で資料を請求することができますので、今すぐ請求してみてください。以下のバナーより資料をもらうことができます。

 

在宅ワーク通信講座

 

がくぶんは女性の資格取得・技能習得を通信教育にて専門的に行なっている日本では非常に歴史のある教育会社ですから、安心して資料を請求することができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です