行政書士で独立開業する

資格を取って、士業を目指す女性は増えています。士業とは、一般的に何らかの資格で独立している人をいい、○○士という資格を持つ人が多いため、士業と言っています。

例えば、社会保険労務士資格行政書士資格で合格すれば、士業の仲間入りです。

士業として活躍することができる資格試験は国家資格が多く、難易度も比較的高いものが中心です。もちろん、しっかりと勉強すれば合格することはできるのですが、最低でも半年以上の勉強時間が必要になります。

今回は、テレビドラマ「特上カバチ!(カバチタレ2)」の放映開始により、人気が出ると思われる行政書士をご紹介します。行政書士はその業務内容から女性に向いている資格と言われ、近年では女性に人気の高い資格試験なのです。

行政書士は、町の法律家と言われるように、官公庁に提出する書類の作成代行を行う法律の専門家です。官公庁に提出する書類の数は、数千とも言われ、様々な書類作成のニーズがあります。

個人でも、大人になれば様々な書類を官公庁に提出する機会があると思います。面倒だ!という主婦やOLもたくさんいるでしょう。このような面倒な種類の作成を専門家として代行するのが行政書士です。

書類作成自体は私たちも自分でできるのですが、面倒ですし、間違いがあったりすると2度手間、3度手間になりやすく、特に官公庁に提出する書類は複雑怪奇で一般の人には馴染みがありません。そのため、行政書士に書類作成を依頼する人はたくさんいるのです。

個人のみならず法人も同じことです。会社も様々な書類を官公庁に提出しますが、その作成は自分たちで行うよりも専門家に任せた方が早いし確実ということになります。

そのため、行政書士は独立のしやすい資格として女性に人気があります。もちろん、独立すればすぐに仕事の依頼があるほど甘い世界ではありません。しかし、女性ならではの細やかさや仕事の丁寧さなどを武器に、時間をかけて信頼を築いていけば、紹介からお客さんを増やすことが可能です。

士業として独立場合、在宅(自宅を事務所にする)でも可能ですし、副業やアルバイトとして収入を増やすこともできます。そのため、収入を継続的に得たい主婦や、今後のために取得しておくOLが増えています。

大手の会社であれば、行政書士を自分の会社に抱えていますので、転職のチャンスももちろんあります。扱うことができる書類が多いので、様々な業界や業種の会社で活躍のチャンスがあるのです。

最近では、書類作成も広がりを見せており、従来の契約書の作成などに加えて、遺言書や外国人関係の書類作成などが増加しています。そのため、行政書士といっても何か一つの専門分野に特化することで、大きな収入を得ている女性行政書士も少なくありません。

今後は、特定の分野に専門化して、自分の強みを打ち出していくことが成功の条件になりそうです。

なお、試験自体はそれほど簡単な試験ではありません。行政書士の活躍を題材にした「特上カバチ!!カバチタレ2」がテレビドラマとして放映されます。この特上カバチの放映により、おそらく行政書士の受験者は増加するでしょう。

そうすると、試験自体にも影響を与える可能性があります。今年が狙い目!と感じたあなたは、是非、行政書士試験に挑戦してみてください。

詳しい情報は、特上カバチ放映と行政書士試験の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です