スポンサーリンク

安心して再就職したい主婦、スキルアップや独立をしたいOL、あなたの魅力を引き出しスキルを高める「女性のための資格・検定の選び方」

社会保険労務士(社労士)

地味な資格でしたが、女性の受験者が急増することで急速に認知度が広がった国家資格が社会保険労務士(通称、社労士)です。人事や労務のスペシャリストと言うことで、総務・人事や経理に携わった経験がある女性には馴染みの強い分野を勉強します。

もちろん、総務・人事、経理の実務経験がないから不利と言うことではありません。大学などで学ぶ知識はほとんどないため、勉強開始段階ではほとんどの受験生が同じスタートラインです。ですから、初学者でもしっかり勉強すれば1年間で合格を目指すことが可能です。

人気急上昇中の社会保険労務士についてご紹介します。

どんな資格?どんな仕事?

 社会保険労務士は、企業からの依頼を受けて、労働環境の整備を図るための各種手続きを行う専門家です。

手続きには様々なものがありますが、例えば、行政に提出する書類の作成、社内の帳簿書類の作成、その他相談業務やコンサルティング業務なども行います。つまり、総務・人事のスペシャリストのことです。

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメの社会保険労務士資料

どの資格にしよう?自分には合格できる?もっと資格を良く知りたい・・・そのように思うのはあなただけではありません。

当サイトで合格を勝ち取った女性がまず行動に起こしたのは、資格の資料を請求すること。詳細な資格の内容に加え、合格者の体験談、お得なクーポンなど様々な資料を無料でもらうことができます。

まずは、資料を請求して有用な各種情報を入手して下さい。紙の資料でじっくり検討することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメの社会保険労務士資料へ

 

活躍の場

 企業の源泉は人です。働く人の様々な労働環境が整備されることで、労働者は意欲を持って仕事を行うことができます。それが、まさに会社の発展とも言えるでしょう。

最近では、労働に関する法令が頻繁に改正されています。そのため、大きな会社はもちろん、例え小さい会社であっても、労働条件の改善などが不可欠となっています。さらに、様々な雇用形態が存在し、それらも時代の流れに沿って変化することから、賃金体系や雇用環境の整備などの必要性は極めて高いものです。

また、社会保険労務士は会社からの依頼を受けるだけではありません。年金制度も熟知した社会保険労務士には、個人相手に年金相談や保険の相談を受けることもあります。ファイナンシャルプランナー(FP)資格を併せて持っている社会保険労務士が多いのはこのためです。それら、個人のお客さん相手の業務も拡大の一途をたどっており、今後の高齢化社会の到来を考えると、ますますニーズは高くなることでしょう。

社会保険労務士には大きく分けて、勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士の2種類がいます。勤務社労士は比較的大きな企業の中で、自社の社員相手の雇用や労働関係の業務を行います。開業社労士は、独立をして自ら開業している社労士のことで、比較的規模の小さい中小企業に対して、外部の専門家の立場から様々なアドバイスを行います。

つまり、社会保険労務士は、再就職や転職にも強い武器となりますが、日本の会社はその9割が中小企業であることを考えると、独立開業しても成功する可能性が高い資格と言えます。

向いている女性のタイプ

 社労士は、様々な法律に則って業務を行います。主に、書類作成が業務の中心になりますので、細かな書類等を作成する正確性とスピードがある程度要求されます。また、法律は年々改正されるものですから、労働や保険関係の法律について継続的に最新の知識を補充することが重要です。

個人のお客さんと接する機会は特に独立社労士には多いでしょう。その意味で、相手の望んでいることを的確に把握する能力やコミュニケーションの能力も必要になります。

社会保険労務士(社労士)の受験データ

[受験資格]

受験資格はややこしく、学歴要件、職歴要件、資格要件の3つのいずれかを満たしている必要がある。
一般的には「短大卒以上の学歴」で受験資格を有する者となる。詳細は、社会保険労務士-難易度/勉強期間/受験資格/受験料/学校/講座/他を参照。

[試験内容]

・労働基準法及び労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・労働保険の保険料の徴収等に関する法律
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法
・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

[合格基準]

およそ70%以上(科目ごとに肢きりあり。合格基準はその年の出題レベルにより変動する)

[試験日]

8月下旬

女性におすすめの通信講座

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメの社会保険労務士資料

資格試験に合格できるかどうかは、行動に起こせるかどうかで決まります。何もしないことが最も大きな損失なのです。

まずは、無料資料を請求して資格と言うものを身近に感じて下さい。自分で情報を収集することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメの社会保険労務士資料へ