何もしないことが一番の失敗

資格試験に挑戦したい、資格を取りたい、しかし、不合格になって失敗したくない。

そんなイメージを持ちながら、資格試験に挑戦することに躊躇している女性が多いようです。新たなことにチャレンジするためには、失敗を恐れるな!と言われることが多いのですが、そうは言っても不合格と言う失敗はしたくはない、というのが誰もの本音でしょう。

しかし、不合格と言うのは本当に失敗なのか?という点にも着目して欲しいのです。確かに、資格試験を受験する目的は「合格」です。正直言って合格以外に資格試験の受験における目的はありません。かといって、不合格になることが失敗であると言うのも少し早計ではないでしょうか。

そもそも、資格試験を受験する目的は合格にあっても、資格試験を受験する「動機」は別のところにあるはずです。目的と動機を切り分けて考えることも必要です。

  • 子育てが一段落したので資格をとって再就職したい主婦
  • 資格を取って転職をし給料をアップしたいOL
  • 自分のやりたいことができるように資格を取りたい女性

いろいろな動機が存在すると思いますが、いずれにしても根底にあるのは、今のままの自分ではなく「新しい自分になりたい」あるいは、「新しい自分を手に入れたい」と言うことだと思います。

新しいものを手に入れる時は、挑戦をしなければ手に入れることはできません。そして、挑戦することで、自分自身の成長を手に入れることができるのです。

目指す資格試験に合格することができれば、新しいスタートを切ることができるチャンスを得ることができます。そして、不合格になったとしても、それは新たな出発のチャンスでもあります。

不合格が失敗なのではありません。何もしないことが最大の失敗なのです。

行動に起こし続ける限り、獲るものはあります。自分を成長させることはできるのです。とにかく行動に起こしてみる。そこから全ては始まっていくのです。

何かに臆病になったり、腰が重くなることもありますが、考えていても得るものは何もありません。不合格になったって良いのです。それが、自分の成長につながるわけですし、資格試験は諦めない限りは不合格はありません。

諦めない限り、なりたい自分になることは可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です