独身女性の時間とお金の使い方

独身女性と言うのは、比較的時間やお金を自由に使える傾向にあります。もちろん、全ての人がそのような状況にあるとは言えませんが、少なくても主婦よりも自由度は高いと言えるでしょう。

自分の給料のほとんどを自由に使うことができます。それは、時間に関しても同様です。このような状態はある意味「強み」として捉えることができます。

独身女性の中には、婚活や合コンに必死という女性もいると思いますが、恋はタイミング。自分の意志だけでどうこうなるものではありません。誰でもモテル時は存在しますし、モテない時もあります。これらは、自分の意志ではある意味コントロールできない領域のこともあります。

一方、独身というのは時間とお金の自由度と言う意味で非常に強みがあります。これらの事実を整理すれば、独身女性の恋はタイミング次第、実力は自分の意志や行動次第ということが言えるかも知れません。

勉強と言うのは、自分の意志ですることができますが、必ずしも環境はそれを許さないことも多いのです。例えば、独身時代には時間的な制約も少なく、自分がコントロールできる範囲は相当に広くなっています。しかし、結婚をして既婚者になってしまえば、旦那さんを尻目に勉強をするというのはなかなか気が引ける。

また、子供ができることによって、相当自分の自由度は下がります。それは、時間も、金銭面でも同様です。

さらに、独身時代でも、初期と後期ではまた環境が異なります。若い独身女性であれば、家族や親戚、周りもそれほど大きな変化はありません。しかし、独身女性でも一定の年齢になってくれば、家族の介護が必要になったり、親戚や友人の身に何か起きたり。

このように、独身女性というのは、ある意味大きなチャンスを持っています。時間をお金を自分自身に最大限投資できるからです。

勉強と言うのは、いつでもチャレンジすることは可能ですが、腰を据えて、あるいは集中的に勉強するのは独身時代が最も良いのです。いずれ勉強しようと思った時に、旦那に小言を言われながら勉強しなければいけない状態や、子供が泣く中で勉強しなければいけない状態であれば、溜まるストレスは相当なものです。

やりたいことができない、と言う状況は人間にとって大きなストレスなのです。でも、独身女性にはストレスになるほどの制約はあまり存在しないと言えるでしょう。

婚活も合コンも否定するものではありません。しかし、独身時代にいろいろなことを試してみる、自分の可能性を広げてみるというは非常に有意義なことです。婚活や合コンはどちらかと言えば、外に目を向けて自分の将来を探すもの。

資格の勉強や自分の実力を高めるというのは、中(自分)に目を向けて自分の将来を作るもの。探すのと作るのでは、大きな差になります。

もちろん、資格の勉強が全てであるとは言えませんが、こういった時代に中では、結婚をしたとしても、将来的には完全なる主婦に納まるのは難しく、自分も働く必要が出てくる可能性が高いのです。独立して、輝きながら仕事をするという方向性もあるでしょう。

その時のために、独身時代のお金と時間をうまく使って、自己投資を考えてみて下さい。自分に投資したお金や時間は、必ず後で回収することができます。今、10万円で通信講座を受講して、100時間掛けて勉強をしたとしても、合格と言う事実があれば、給料が毎月5千円上がるかも知れません。そうすれば、2年で受講料は回収でき、3年目からは全て利益となって積みあがっていきます。それは、100時間残業をすることよりもはるかに大きなメリットをもたらすのです。

独身女性は負け犬などと揶揄されることもありますが、そんなことはありません。独身女性だからこそできることがある。それらをうまく使わないと、本当に負け犬になってしまう。あなたには、独身時代を将来に向けて投資の時間として使って欲しいと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です