女性の就職・再就職市場

社会環境の変化を受け、女性の社会進出が求められています。少子化、高齢化の進展は社会問題化しており、今まで以上に女性の労働力に注目が集まっています。

最近では、法整備も進んでおり、男女雇用機会均等法などは頻繁に改正を繰り替えています。これは、女性の社会進出を促し、男性との公平性を保つような概念が前提にあると言えます。

一方、企業側はまだまだ女性の受け入れ体制が整っているとは言えず、女性の雇用状況は昔よりは改善されたとは言ってもまだまだ女性からすれば満足できる状況にはないと言えます。しかし、このような不況化においては、高望みもできないという女性も多いと思います。

女性の社会進出が必要とされているとしても、まだまだ理想と現実のギャップは隔たりがあると言えます。

そうは言っても、労働側と雇用側では圧倒的に雇用側が力を持っているのが現実であり、これは今後も変わりそうもありません。だとすれば、女性が有利に就職・再就職をするためには、雇用側のニーズを考えて、それに対応していくことが必要となります。

最近の雇用側、すなわち企業の採用担当者は「使える人材」を常に探し求めています。これだけの不況下ですから、求人募集をかければ申込者は殺到します。しかし、企業側の要求に合う人材がなかなか見つからない。このような現象をギャップと言い、労働側と雇用側にミスマッチが生じていると言えます。

その最大の理由は、企業側が望んでいる能力や実力を持った労働者がなかなか見つからないということなのです。しかし、労働者からすれば、自分の能力や実力を筆記試験やたった数分の面接でテストされたとしても、十分なアピールができるとも思えません。

そこで有用な武器となるのが「資格」なのです。資格試験に合格したしたという事実は、企業側からすれば客観性があり、少なくてもその資格に関する専門分野を持っているということは理解できます。労働者は、自分に自信を持って就職・再就職の試験を受けることができるのです。

特に、子育てのために数年間のブランクがある主婦、家事手伝いなどでブランクがある元OLは再就職の際になかなか自分の実力を示しにくい、説明しにくい場合が多いと思います。しかし、資格に合格していれば、その事実があるだけで企業側は一目置いてくれることになります。

資格が全てだとは言いませんが、1人の求人募集に対して100名以上が応募をする現在では、少なくても資格を持っている、資格に合格していることのメリットは大きいと言えます。ないよりもあった方がマシから、なければ厳しいというように資格の重みも変化しています。

手に職とは言いますが、資格はいくつ持っていても困るものではありません。あなたの武器になり、そして鎧や盾にもなるのです。有利な就職や再就職をしたい主婦やOLなどの女性には是非、資格の取得をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です