就職・再就職には専門性が必要

労働環境は厳しいというのは誰でもよく知っていることだと思います。中でも、男性と女性で言えば、特殊な業界を除けば女性の方が厳しいと言うのが現実です。これは、今も昔も同じ理由ですが、男性は働き続けるのが前提となっていますが、女性はいつかは辞めてしまうということがあるからだと言えます。

4年生大学卒業の女性は就職が厳しくなっていると言います。これは、企業側からすれば、すぐに結婚して辞めてしまうことを恐れているためで、実際に結婚退職をする女性は少なくありません。

最も、これには女性の側ではなく、企業側の福利厚生が整っていないことも原因としてあると思いますので、必ずしも女性が悪いというような話ではありません。

最近では、長期にわたって仕事をしたいという女性が増えてます。そのような女性は、公務員になることを希望する人が多いと言います。公務員は福利厚生に優れており、育児休暇なども整っています。ですから、希望する女性が多いのでしょう。なお、公務員試験は年齢制限がありますが、30歳くらいまでであれば挑戦可能です。就職や再就職先として公務員試験を受験するのも選択肢としてあります。実際に、主婦から公務員試験に合格した女性はたくさんいます。

最近は、女性にも専門性を企業側は望んでいます。専門性があれば、企業としては即戦力して活用することができますし、就職・再就職を望む女性も専門性をアピールしてより良い条件の企業を探すことが可能です。

しかし、現在起きている現象は、専門性を持つ女性が極めて少ない、そして、女性が持つ専門性と企業側の要求する専門性のズレがあることです。女性は基本的に事務職が多かったため、簿記会計の専門性を有している人は少なくありませんが、例えば「法律」などの専門性を持っている女性は意外と少ないものです。

また、最近では福祉・医療系の求人が多く、企業側はそのような専門性を持つ女性を求めています。しかし、そのような専門性を持っている人が少なく、むしろ事務系の専門性を持っている女性が多いというのがズレに該当します。

自分がやりたくない、好きでもないことの専門性を高める必要はありませんが、就職や再就職で資格を武器にしようと思っているのであれば、雇用情勢を見てから資格を決めるというのも一つの方法です。そうすれば、あなたの価値は格段とアップすることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です