再就職・転職の鍵は履歴書にあり

再就職を考えている主婦、今よりも良い条件を目指して転職を狙っているOL、目的はどうあれ、再就職を考えている主婦や転職を考えているOLは非常に多くなっています。もちろん、これは今に始まったことではありません。

しかし、この不況下において、スムーズな再就職や転職が困難になっている状況においては、それらがクローズアップされることも多く、目立つ存在です。インターネットの普及により、情報発信手段が進んだことで、自分と同じような存在の人を目にする機会が増えたことも、「想像以上に再就職や転職を考えている人は多い」という認識に拍車を掛けているとも言えます。

履歴書は専門性をアピール

履歴書で専門性をアピール

ところで、再就職や転職を目指す場合、まずは第一関門を突破しなければなりません。

それが、書類選考です。書類選考と言うのは、ある意味企業側の簡便性を重視したものと言えますが、とりあえず書類を見て、その人に会うか会わないかを決める、すなわち「面接に進めるかどうかの砦」となるものです。

採用者側からすれば、全ての人と面接を行う時間的余裕もなく、ある程度書類で絞り込むというのは現実的には仕方のないことかもしれません。一方、応募者からすれば正直言って、「書類だけで私の何が分かるの?」と言いたい気分です。

人と言うのは書類だけで理解できるものではありません。しかし、再就職や転職と言う場においては、履歴書や職務経歴書がかなり重要なウエイトを占めてしまう。

普通に考えれば、企業側としては、より自分の会社に貢献してくれる存在たる人材を確保したいはずで、労働者からすれば自分の能力を最大限発揮できる場を望んでいる、この最適なマッチングが再就職や転職のうえでは両者に大きな意味をもたらします。

しかし、現実にはそうなってはおらず、「まずは書類」と言うのが現状です。この是非を論じる気はありませんが、いずれにしても書類は重要だと言うことは誰が見ても明らかです。

何度履歴書を送付しても面接に進めない、だから今日も履歴書を書いて送付を繰り返している。そんな主婦やOLも中にはいるかも知れません。

この場合、「就職はお見合いだ。タイミングも重要だからめげずに履歴書送付をがんばろう」という考え方もあります。これはこれで間違いだとは言えません。確かに、再就職や転職というのは自分の意思だけで決めることができるものではありませんから、どうしてもタイミングというものがあります。ですから、数打てば当たることや、企業の人事担当者が変わった瞬間にうまく行くということも大いにあり得ます。それはそれで、タイミングを活かしたチャンスをものにしたという意味でよいことでしょう。

しかし、普通の人であればそこまで「がんばれません」。そんなに忍耐強い人もいない訳です。書類選考に通らないというのは、ある意味自分を否定されたようなもの。1回や2回程度であれば縁がなかったで済むかも知れませんが、回数が重なってくればそうも言っていられません。

大変なストレスを抱え、最終的には自分自身で悪い方向に物事を考えてしまうようになる恐れも多いのです。

また、仮に多くの挑戦の中で書類選考にパスしたとしても、面接でうまく行くという保証もありません。もちろん、こちらの方から「辞退」をする場合も含めて考えれば、面接のチャンスを多く獲得するにこしたことはありません。

だとすると、履歴書の精度を高める、すなわち書類選考に通りやすくするという考え方も必要です。タイミングを狙って数打つ方法がある一方で、一度立ち止まって、選考に通りやすい履歴書はないのか?ということを考えることも重要になるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です