スポンサーリンク

初めての資格試験挑戦に不安を抱える女性、忙しいからできるだけ効率的に合格したい女性、女性が資格試験に短期で合格するテクニック、「女性のための機械的勉強法」のご紹介

続けることができるから-女性が資格試験に合格しやすい理由

 資格試験に合格するために最も重要な要素は何か、と聞かれた場合、迷わず即答できます。それは、「勉強を継続することができる」ということです。継続は力なり、と昔から言いますが、資格試験の場合にはまさにこれが当てはまります。

資格試験とは、本試験問題を解ければ合格することができますが、本試験問題を解くことができるようになるためには、知識を記憶しておく必要があります。

知識を記憶するためには、問題を解くことや、テキストを読んだりするなどの作業を繰り返すことが重要です。これが、勉強法です。結局、資格試験の勉強とは、同じ作業をただひたすら繰り返すということなります。女性の場合には、このような単調な作業を継続して行うことができる人が多いようです。

飽きずにしつこくできる

 男性の場合、同じことを繰り返すと言うことに大変な苦痛を感じる人が多いようで、そのため学校なども浮気をしてしまう傾向が強いのです。女性の場合には、それほど飽きずに何の疑いも持たずに繰り返すことができる人が多い傾向にあります。

性格的なものも影響するかも知れませんが、例えば「これは来週までにしっかりと5回繰り返してきてください」という宿題を出した場合、男性よりも女性の方が圧倒的にしっかりとこなしてくる確率は高いものです。記憶と言うものは、繰り返すことでしか高める方法はありせん。

男性受験生は、一度解けた問題は「分かっている」ということで、何度も復習をしようという考えがないようです。しかし、分かっているということよりも、「本試験で解ける」ということの方が重要なのです。ですから、極端な話、わかっていなくても解ければそれで資格試験に合格することはできるわけです。

男性の場合、分かっていたけど「忘れた」ということが多いのに対し、女性の場合は「分かっていないけどとりあえず覚えている」ということになります。この場合、単純に考えれば合格するのは女性受験者の方です。

同じことを飽きずに繰り返すことができるのは、一種の能力です。この能力は性格に依存する部分があるかも知れませんが、少なくても男性よりも女性の方が強く持っているようです。

女性の場合には、不安を抱える傾向が強いため、何回も繰り返してやらないと心配という心理も繰り返すと言う意味ではプラスに作用しているのかも知れません。男性の場合には、自信がある人が多いため、1回できたりわかってしまうと放置する傾向にあります。

資格試験に限ったことではありませんが、何かを続けると言うことは極めて重要なことです。女性受験者から多く聞くことは、続けることによって「勉強が楽しくなった」「継続することで分からなかったものが分かるようになった」というプラスのコメントが多く占めています。

これらが最終的に自信につながって、本試験で良い成果を残すことができるのでしょう。不安や心配が繰り返す勉強を促し、そして、それが自信につながっていく。素晴らしい循環のように思います。