スポンサーリンク

初めての資格試験挑戦に不安を抱える女性、忙しいからできるだけ効率的に合格したい女性、女性が資格試験に短期で合格するテクニック、「女性のための機械的勉強法」のご紹介

目指す資格試験・通信講座を決める

 資格試験は現在、およそ3,000種類あると言われています。この中から自分が目指す資格試験を決めていくことになります。あなたは既に目指す資格試験は決まっていますか?決まっている女性の方はこのページは読み飛ばしてもらって構いません。

これから目指す資格試験を決めるという女性の方は、女性の資格検定選び方を参考にしてください。いろいろな資格の中から、人気のある資格やオススメの資格などの観点から選び方も踏まえてご紹介しています。

なお、どの資格試験であっても勉強法は変わりません。法律系の資格であろうが、会計系の資格であろうが、福祉系の検定試験であっても基本となる勉強法は変わりません。国家試験であっても、公的試験でも民間試験でも同じことです。

女性のための機械的勉強法はあらゆる資格試験で抜群の合格実績を誇りますので、どの資格試験にも通用する普遍的な勉強法となっています。むしろ、一度この勉強法を覚えてしまえば、次々に資格試験に合格することが可能となります。もし、これから資格試験の勉強を初めて始めるのであれば、ある程度合格率の高い資格試験に挑戦しておいて、勉強法をマスターしておけば上位の資格試験にも簡単に合格するノウハウを身につけることができます。

もちろん、いきなり大型の難関試験に挑戦することも可能です。実際に、女性のための機械的勉強法では、初めての資格試験の挑戦ながら、司法書士試験や公認会計士試験、社会保険労務士試験などの難関試験への合格者を輩出しています。

資格学校・資格受験予備校の通信講座を受講する

 女性のための機械的合格法では、できるだけ本質的な勉強のみに専念することができるように、資格学校や資格受験予備校の通信講座を受講することをオススメしています。独学の場合でも、機械的勉強法はもちろん利用できますが、独学の場合には情報収集や教材選定などを自ら全て行わなければならず、費用対効果という意味で効率が良くありません。

また、金銭的にも独学の方がむしろ通信講座よりも高くなってしまうことも多いため、通信講座の受講をオススメしています。通信講座ではなく、通学口座でも問題ありませんが、どの資格学校にするのかという点と含めて、女性の資格講座選びを参考にしてください。

なお、既に通信講座や通学講座を受講している方は、あらたに申込をする必要はありません。現在利用している資格学校や資格受験予備校の講座・教材で合格を目指すようにしてください。資格学校や教材を途中で変更することは好ましくありません。一つのことを徹底的に信じることが短期合格のためには重要になりますので、他の学校の教材等に目を取られないように注意してください。