スポンサーリンク

初めての資格試験挑戦に不安を抱える女性、忙しいからできるだけ効率的に合格したい女性、女性が資格試験に短期で合格するテクニック、「女性のための機械的勉強法」のご紹介

予習よりも復習に力を入れる

 学生時代に、学校の先生から「しっかりと次回までに予習をしてきてください」と言われた経験はありませんか。それが習慣化していて、今でもしっかりと予習をする真面目な女性がいます。しかし、資格試験の勉強法においては、予習は一切いりません。

資格試験の勉強法においては、予習よりも復習に力を入れてください。予習は一切不要です。そもそも、予習と言うのは先生が講義をやりやすくするためのものであって、受験生からすれば何のメリットもありません。

自分であらかじめ講義に備えて準備をすることが予習ですが、そうだとしたら講義とは何をするのでしょうか。予習がなくてもしっかりと分かりやすい講義ができない先生は、自らの役割を果たしていません。

また、予習というのは掛かる時間は膨大でありながらも、受験生が享受するメリットは何もありません。むしろ、記憶を強固にするために、復習をしっかりとやった方がよほど高い勉強成果を残すことができます。

予習は全くのムダ

 繰り返しになりますが、資格試験の勉強において予習は一切不要です。たとえ、あなたが選んだ資格講座の講師が予習を薦めていても無視してもらって構いません。そんなことに時間を割くのであれば、一問でも多くの問題を読んだり解く時間に使うようにしてください。

予習は不要ですが、復習は徹底的に行う必要があります。2回よりも3回、3回よりも4回と時間が許す限り問題を繰り返し解いていきます。これが、資格試験は知的なものではなく、肉体労働と言われる所以です。

毎日コツコツを問題をひたすら繰り返す。これこそが資格試験の勉強法そのものです。同じ問題ばかりで飽きるかもしれませんが、飽きても辞めずに繰り返すことでしか記憶は強固なものになりません。一生忘れないくらいになるまで、徹底して復習を行うようにしてください。この最も辛い作業が継続的にこなせるようになれば、必ず資格試験には合格することができます。

実際に、合格してきた女性の受験者は、割り切ってひたすら問題をこなしていました。感情をいれずに、作業のようにひたすら問題を繰り返すことがポイントなのです。