スポンサーリンク

初めての資格試験挑戦に不安を抱える女性、忙しいからできるだけ効率的に合格したい女性、女性が資格試験に短期で合格するテクニック、「女性のための機械的勉強法」のご紹介

知っているか、覚えているか

 資格試験とは、「基本的な問題をしっかりと解けるようになることで合格することが可能である」、と言うことが資格試験の本質でした。女性が短期間で資格試験に合格するためには、この考え方が大前提となり、極めて重要な考え方になりますのでもう一度良く押さえておいてください。

ところで、問題をしっかりと解けるようになる状態、というのはどのような状態を言うのでしょうか。それは、「問題を知っているか、あるいは覚えているか」のいずれかの状態である、と結論付けられます。つまり、知らないことや覚えていないことは解くことができない、ということです。

この一見すると当たり前と思えるようなことが大切なのです。資格試験というのは、究極的には「記憶」を試す試験であると言えます。なぜならば、知らないことは考えることもできませんし、覚えていなければどんなに簡単な試験でも解くことはできません。

一方で、記憶さえしておけば問題は解く事ができてしまいます。よく、本試験で一生懸命考えている人がいますが、あれは考えているのではなく、「覚えたことを思い出そうとしている」だけです。

つまり、その場で考えなければいけないような問題は資格試験の本試験には出題されません。覚えているかどうかだけを試しているのが資格試験なのです。

女性のための資格試験機械的勉強法とは

 資格試験の勉強法とは、資格試験に合格するための方法ですから、資格試験に合格することができる条件が分かれば自動的に勉強法も分かります。

資格試験に合格するためには、「その資格試験に出題される基本的な知識や問題を知っていて、本試験までに覚えている」ということが必要です。

であれば、勉強法としては、「基本的な問題を繰り返し解き、記憶力を高める」ということになります。これを行うだけで、資格試験に合格することが可能です。

これは、どのような資格試験であっても普遍的な原理原則であり、短期間で合格するほとんどの女性は意識しているか無意識かは別として、同じような勉強法を採用しています。法律系の資格試験であろうが、福祉系の資格試験だろうが共通する原則です。択一式であっても、記述式であっても変わることはありません。

 これらの「基本的な問題を繰り返し解くことで、記憶力を高める」ことを女性が実行しやすく、かつ、機械的に行うことができる勉強法が「女性のための資格試験機械的勉強法」なのです。

ほとんどの受験生はこのように、どのようにすれば合格できるのか、合格するためには何が必要かということをじっくりと検討しないまま勉強をスタートしてしまいます。しかし、それでは、コンパスを持たずに航海に出ているようなものです。しかし、あなたはすでに資格試験に合格するためのコンパスを手に入れました。

あなたは、このサイトの情報を上手く活用することで、機械的に勉強を継続するだけで資格試験に合格することが可能です。実際に500人以上が合格している実績ある勉強法ですから、是非、実行してみてください。もちろん、コンパスの他に、地図や船も必要です。それらは、追ってご紹介していきますのでご安心ください。