スポンサーリンク

安心して再就職したい主婦、スキルアップや独立をしたいOL、あなたの魅力を引き出しスキルを高める「女性のための資格・検定の選び方」

介護福祉士(ケアワーカー)

社会福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、介護の必要な人やその家族などに対して、食事や入浴と言った日常生活動作の介護や指導を行います。介護と言う基本的でありつつも、今後社会的にも大切な役割を通して福祉を支えていく、高いニーズが存在する職業です。

これからますます注目される介護福祉士(ケアワーカー)をご紹介します。

どんな資格?

 高齢化社会を迎え、介護の必要な高齢者は年々増加しています。そのようなお年寄りや障害を持つ人の食事や排泄、入浴や着替えなどの日常動作の援助をするのが介護福祉士の主な業務。もちろん、高齢者などの話し相手になって、精神的な面のケアを行うことも重要な業務の一つです。

 社会福祉士(ケアワーカー)はまさに介護のプロフェッショナルであり、介護事務員やホームヘルパーに対して介護の仕方をアドバイスすることもあります。

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメの介護福祉士資料

どの資格にしよう?自分には合格できる?もっと資格を良く知りたい・・・そのように思うのはあなただけではありません。

当サイトで合格を勝ち取った女性がまず行動に起こしたのは、資格の資料を請求すること。詳細な資格の内容に加え、合格者の体験談、お得なクーポンなど様々な資料を無料でもらうことができます。

まずは、資料を請求して有用な各種情報を入手して下さい。紙の資料でじっくり検討することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメの介護福祉士資料へ

 

活躍の場

 介護福祉士は、介護のプロですから福祉の現場であればあらゆる場所が活躍の場となります。例えば、老人ホーム、知的障害児福祉施設、身体障害者施設、リハビリテーションセンター、医療機関、市役所など、活躍の場は数え切れません。そのような福祉の現場で、スタッフの指導や管理を行うことになります。

施設に限らず、高齢者や障害者の家を訪問する巡回入浴サービスや介護サービスも高いニーズがあります。今後はますます活躍の場が拡大していくことは間違いありません。

向いている女性のタイプ

 他人の身の回りの世話や手助けが主な業務となります。そのため、こまやかな心遣いができる女性に向いている業務です。また、食事や入浴などは体力仕事的な部分も多いので、体力に自信があって、責任感や忍耐力を持ち合わせている女性に向いています。

 精神面でのケアも重要な業務になりますので、コミュニケーション能力も必要です。高齢者に対しても、周りのスタッフに対しても十分にコミュニケーションを取ることができる必要がありますので、人が好きな女性には社会福祉士は向いていると言えるでしょう。

介護福祉士(ケアワーカー)の受験データ

 介護福祉士は国家資格であり、専門性が高いことから受験資格があります。

[受験資格]

「3年以上の実務経験」、もしくは「福祉系高等学校の卒業」のいずれかを満たしていること

3年以上の実務経験

・児童福祉法、障害者自立支援法、生活保護法、老人福祉法などに規定する施設等で、専ら介護等の業務に従事している者
・知的障害者・障害児の居宅介護事業等に従事するホームヘルパー。介護保険法における居宅サービスに従事する訪問介護員や介護職員
・介護等の便宜を供与する事業を行う者に使用されるもののうち、その主たる業務が介護等の業務である者
・個人の家庭において就業する家政婦のうち、その主たる業務が在宅での介護等である者
※学歴・年齢・性別は問わない
※正社員でなくパートや嘱託でも、条件を満たしていれば受験することができる

福祉系高等学校の卒業者

・高等学校または中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目・単位数を修めて、卒業(見込み含む)した者

[受験内容]

筆記試験:マークシート方式(5肢択一)
実技試験(筆記試験合格者のみ受験可能)

[合格基準]

およそ60%以上の正答率で合格

[受験料]

12,800円

[試験日]

筆記試験:例年1月
実技試験:例年3月(筆記合格者のみ受験可)

女性におすすめの通信講座

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメの介護福祉士資料

資格試験に合格できるかどうかは、行動に起こせるかどうかで決まります。何もしないことが最も大きな損失なのです。

まずは、無料資料を請求して資格と言うものを身近に感じて下さい。自分で情報を収集することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメの介護福祉士資料へ