スポンサーリンク

安心して再就職したい主婦、スキルアップや独立をしたいOL、あなたの魅力を引き出しスキルを高める「女性のための資格・検定の選び方」

ファイナンシャルプランナー(FP)

金融ビッグバンとは既に古い言葉となってしまいましたが、要するに自分のお金はしっかりと自分で管理しましょうということです。

そこで、注目されているのがファイナンシャルプランナー(FP)資格で、特に女性には大人気の資格です。重要性が高いことから、FP技能士として国家資格の認定を受けています。お金に対して専門的な立場からアドバイスを行うファイナンシャルプランナー(FP)資格をご紹介します。

どんな資格?

 ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は多岐にわたりますが、簡単に言えば顧客のライフプランに合わせて資産の運用や管理のアドバイスを行うお金の専門家のことです。

業務の範囲はとても広くなっており、貯蓄計画、資産の効率的な運用、保険対策、相続対策、税金対策などお金に関する全般的な知識を扱っていきます。

これらのあらゆる知識を駆使しながら、顧客のニーズやライフステージごとの状況を適切に把握し、さらに社会情勢や金融事情などを加味しながら様々なアドバイスを行っていきます。まさに、お金のことを何でも知っている、そして相談することができる身近な専門家なのです。お金に関して悩みを抱えている主婦やOLはとても多いですから、同じ目線で的確なアドバイスをすることができれば、独立して活躍することも可能です。

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメのFP資料

どの資格にしよう?自分には合格できる?もっと資格を良く知りたい・・・そのように思うのはあなただけではありません。

当サイトで合格を勝ち取った女性がまず行動に起こしたのは、資格の資料を請求すること。詳細な資格の内容に加え、合格者の体験談、お得なクーポンなど様々な資料を無料でもらうことができます。

まずは、資料を請求して有用な各種情報を入手して下さい。紙の資料でじっくり検討することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメのFP資料へ

 

活躍の場

 銀行や証券会社、保険会社ではファイナンシャルプランナー(FP)の取得を義務付けるほど力を入れています。単に自社の商品を提案するだけではなく、顧客の総合的なライフプランを提案すると言う意味で、ファイナンシャルプランナー(FP)の知識を重要視しています。

また、不動産業界などでもファイナンシャルプランナー(FP)の有資格者のニーズは高くなっています。住宅を購入すると言う行為は、人生でも1回程度しかない重要なシーンですから、先のこともしっかりと見極めた提案やその人の支払い能力なども考慮しなければなりません。

顧客に対して総合的に提案するという考え方は多くの業界で取り入れています。銀行、証券会社、保険会社、不動産業界だけではなく、今後は様々な業界でファイナンシャルプランナー(FP)のニーズは高まっていくことが想定されます。

向いている女性のタイプ

 ファイナンシャルプランナー(FP)はお金に関する悩みを解決する存在である、というのが前提です。そのため、顧客の話をしっかりと聞くことができ、その人に対する最適な提案を行うという視点が重要です。また、お金のことを相談してもらうためには、信頼性も確保しなければなりません。

お金の専門家ですから、数字に強ければそれはそれで良いのですが、どちらかと言えば、数字的センスよりも相手の立場になって客観的に物を考えるセンスの方が重要です。お金だけに着目するのではなく、相手の立場を理解した上での総合的な提案力が望まれます。

ファイナンシャルプランナー(FP)の受験データ

ファイナンシャルプランナー(FP)資格には、2種類の試験団体が存在しています。そのため、ややこしい部分がありますので、以下のリンクでファイナンシャルプランナー(FP)の種類と試験の内容をしっかりと確認してください。

女性におすすめの通信講座

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメのFP資料

資格試験に合格できるかどうかは、行動に起こせるかどうかで決まります。何もしないことが最も大きな損失なのです。

まずは、無料資料を請求して資格と言うものを身近に感じて下さい。自分で情報を収集することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメのFP資料へ