スポンサーリンク

安心して再就職したい主婦、スキルアップや独立をしたいOL、あなたの魅力を引き出しスキルを高める「女性のための資格・検定の選び方」

ケアマネージャー(介護支援専門員)

公的介護保険制度の中でも中心的な役割を担うのがケアマネージャーであり、介護支援専門員とも言われます。介護が必要かどうかの判断や介護の度合い、介護サービスの紹介など、業務は介護全般にわたります。今後、福祉の充実が広がりを見せる中で、高い将来性がある仕事と言えます。

介護保険制度を支える介護サービスのコーディネーターであるケアマネージャー(介護支援専門員)をご紹介します。

どんな資格?

 2000年からスタートした介護保険制度。高齢化社会の中で、介護体制を整備し、社会全体で介護を支えていくというねらいがあります。

介護を受けるためには、市町村などに申請し、介護の認定を受ける必要があります。ケアマネージャー(介護支援専門員)は、その認定業務を直接家庭に出向いて行います。この認定は、多数の項目を細かくチェックしていくことが必要で、重要な業務です。

認定が済めば、次は具体的に「どのような介護が必要なのか」というケアプランを、介護の度合いに応じて立てます。そして、福祉施設などとの連絡や調整、その後の管理なども行っていきますので、ケアマネージャーの業務は介護全般にわたると言えるでしょう。

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメのケアマネージャー資料

どの資格にしよう?自分には合格できる?もっと資格を良く知りたい・・・そのように思うのはあなただけではありません。

当サイトで合格を勝ち取った女性がまず行動に起こしたのは、資格の資料を請求すること。詳細な資格の内容に加え、合格者の体験談、お得なクーポンなど様々な資料を無料でもらうことができます。

まずは、資料を請求して有用な各種情報を入手して下さい。紙の資料でじっくり検討することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメのケアマネージャー資格資料へ

 

活躍の場

 基本的に、ほとんどの医療機関でニーズがあります。特に、介護保険法の規定により、特別養護老人ホームや老人保健施設、訪問介護事業者、在宅介護支援センターといった介護保険適用の機関には、ケアマネージャーの配置が義務となっていますので、ケアマネージャーの有資格者は高いニーズがあります。

向いている女性のタイプ

 介護の認定を行う場合、感情などに振り回されることなく、客観的に冷静な判断を行うことが求められます。また、介護関係の資格では上級資格となり、まさに介護サービスのスペシャリスト的な資格になりますので、既に介護関係の業務に就いている人に適した資格と言えます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の受験データ

[受験資格]

保健、医療、福祉の分野で原則として5年以上の実務経験を有する者。介護に10年以上従事したと認められた者も受験資格を得られる。
※詳細は、各都道府県の介護保険担当課で確認するようにしてください。

[受験内容]

基本視点、介護保険制度論、介護支援サービス機能および要介護認定方法論、高齢者支援展開論(高齢者介護総論・居宅サービス事業各論・介護施設事業各論・社会資源活用論)

出題形式は、5肢複択方式及び5肢択一方式の全60問でマークシート形式
※受験資格によっては、一部解答免除もあります

[合格基準]

相対評価試験

毎年およそ20~25%の合格率になるように調整されている

※ケアマネージャーは、各都道府県により合格ラインが異なるのが大きな特徴

[受験料]

7,000円~9,500円
(都道府県により異なります)

[試験日]

通常毎年10月第3日曜日

女性におすすめの通信講座

合格を勝ち取った主婦・OLは資料請求から全てが始まった
資格取得の第一歩は無料の資格資料の請求から。あなたの自宅にすぐ届く厳選した資格資料を紹介。まずは無料資料で最新情報を入手してください。

 主婦・OLにオススメのケアマネージャー資料

資格試験に合格できるかどうかは、行動に起こせるかどうかで決まります。何もしないことが最も大きな損失なのです。

まずは、無料資料を請求して資格と言うものを身近に感じて下さい。自分で情報を収集することが、合格への第一歩なのです。

[無料で資料請求できる]オススメのケアマネージャー資格資料へ