資格を武器に派遣で働く

派遣と言う労働形態については、現在、社会問題化しています。派遣切りや契約解除という言葉は毎日のように新聞紙上を賑わせています。日本企業では派遣という雇用形態を相当多く採用しているのだということが分かります。

企業側からすれば、必要なときに必要な知識を持った人を雇用することができ、雇用期間の満了に伴って雇用契約が終了しますので、ピンポイントで人材を投入したい時にはメリットがあります。直接雇用ではなく、派遣会社との派遣労働契約に基づくため、人件費を抑えることが可能というのも大きなメリットでしょう。

労働者からすれば、組織の制約をそれほど受けずに、自分の専門分野の業務に専念できるというメリットがあります。

派遣労働でのポイントは、雇用契約が労働者は直接企業と結ぶわけではなく、派遣会社と結ぶということでしょう。派遣会社が両者を仲介することで、雇用のマッチングが行われています。

派遣という雇用形態を問題視する風潮は、「日本が不景気だから」なのであって、本来的には合理的なものであるともいえます。その理由として、不況ではない時には、労働者は自ら派遣を選択していました。つまり、派遣として仕事をすることを望んでいたわけです。

確かに派遣切りというのは問題でありつつも、派遣と言う選択をした労働者からすれば最初からそのリスクはあると知っていたはずです。派遣切りの是非を問うつもりはありませんが、派遣という働き方はメリットもデメリットも存在しているということは事前に承知しておく必要があります。

さて、派遣市場ですが、派遣切りが行われる一方で、業界によっては深刻な人手不足を招いています。例えば、介護福祉分野では専門的な人材が不足しており、一部のコンピューター業界でも人材が不足しています。

派遣と言うのは見方を変えれば、主婦やOLの再就職先・転職先としては活用できると思います。福利厚生に優れた会社で長く勤めたいという安定志向の女性には向きませんが、自分のやりたいことを磨きたい、自分の実力を試したいという女性には派遣はもってこいです。

派遣はアルバイトと異なって、企業は専門的な知識を持つ人材を求めています。そこに、派遣会社が自分の会社に登録している人材を提供するという流れになっています。実は、派遣会社に登録している人材と言うのは、意外と専門知識を持っている人が少ないのです。

専門的な知識を持っている人は、このご時世であっても、何らかの仕事はしていると考えられ、派遣会社にはそれほど高度な知識を持っている人材は登録されていません。ですから、あなたが専門的な知識を有しているのならば、派遣会社に登録することで、優遇された条件の仕事が見つかる場合があります。

普通にアルバイトを行うよりも条件は良いですし、より専門的な知識を深めたいと言う場合には、特定の専門分野に絞っていくつかの企業に派遣労働することで、さらに自分のスキルを磨くことができます。

もちろん、派遣は労働期間が決まっていますので、同じ場所で長く働きたいという希望を持つ女性には向いていません。しかし、将来独立やフリーランスとしての活躍を考えていたり、より高度なスキルを身につけたいという女性には、むしろ期間が決まっていた方が後腐れもなく都合が良いのではないでしょうか。

実際、そのような割り切りで派遣を敢えて選ぶ女性は少なくありません。主婦の方であれば、アルバイトよりは時給が良いし、残業もないと言うことで派遣を選ぶ人は増えています。

派遣の際には専門性を客観的に評価されますので、資格を持っていると有利です。難関資格や大型資格を持っていれば、まず仕事には困らないと思います。

ただし、派遣と言うのは割りきりが必要です。一生派遣というよりも、何らかの目的のために派遣を踏み台に使うという考えが妥当だと思います。そのような割り切りが自分の方向性に合うならば、派遣と言う働き方も女性にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です