勉強を嫌わないようにする

資格試験に限らず、勉強が好きだと言う女性はそれほど多くはないでしょう。むしろ、勉強は嫌いと言う主婦やOLの方が多いと思います。

それはそれで分からなくはありませんが、少なくても勉強が「嫌い」というイメージは強く持たない方が良いと言えます。

全ては自分にはね返る

全ては自分にはね返る

例えば嫌いな人がいたとする。あなたがその人を嫌いだと思っていれば、その人もあなたを嫌っているはずです。

なぜならば、あなたがそう思えば思うほど、そういった雰囲気や言動、行動を起こしている。もちろん、意識として大人的にそういった対応を露骨にすることはありません。でも、あなたがイメージしていることは必ず現実になるのです。つまり、あなたの無意識はその人を遠ざけようと行動してしまう。

あなたも、あなたのことが何となく嫌いな人は雰囲気的に分かるでしょう。その結果、あなたがその人のことを好きになることはほとんどない。むしろ、嫌いになることの方が多いと言えます。

結果的に、嫌いだと思えば、相手からも嫌われると言うことです。

勉強にも同じことが言えます。あなたが勉強を嫌いになれば、それがあたかも鏡で反射されるかのように勉強からも嫌われてしまう。

勉強は人ではありませんので、あなたに危害を加えることも、逃げることもありません。しかし、相手が勉強だとすれば、勉強から嫌われると言うことは、あなたの記憶力が低下したり、集中できなくなったり、飽きてしまったり。

そういった行為で、勉強はあなたを遠ざけようとします。

勉強を好きになることはなかなか難しいと思います。ですから、好きになれとは言うつもりはありません。しかし、嫌いにならないで欲しいと思います。

勉強というものは、あなたに知識や専門性を与えてくれるだけではなく、勇気や自信も同時に与えてくれるものです。

だからと言って、我々は学者になるわけでも、教授になるわけでもない。だから、心の底から勉強を好きになる必要もない。必要な時に、必要な知識を与えてくれるパートナーとして、嫌いではなく、特別な存在。そんなイメージを持つと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です