チャンスは準備ができた者に訪れる

「チャンスは準備ができた者に訪れる」と言うものがあります。

資格を取ったが役に立たない、資格なんて無意味だと言う人がいる。一方で、資格を効果的に活かしてスキルアップを図ったり、取得した資格を武器にして独立に成功したり、ビジネスチャンスを掴む女性もいる。

なぜに、そこまで対極的な差が出るのか。

それは、チャンスのタイミングに気付くことができるか、タイミングが来た時にそのに乗ることができるのか、の2点がポイントになります。

目的もないのに資格を取っても意味がない、確かに普通に考えればそのとおりです。しかし、空いた時間を有効活用してとりあえず資格を取っておいたものの、それを活かすタイミングが来て何からの形で成功している女性もいる。後者の女性は、たまたま運が良かっただけでしょうか。それとも、神の導きを受けた特別な女性であったのでしょうか。

基本的に、全ての人に同様にチャンスは訪れていると考えられます。凄く運の良い人もこの世にはおらず、とことん運の悪い人もいない。運と言うものは、自分がどう捉えるかによって大きく変わってくるものです。

同じ事象を取っても、それを感じ取る人の考え方次第でチャンスかピンチかが変わってくる。ワインの残りが半分しかないときに、「あと半分しかない」と思う人と、「まだ半分もある」と思う人の違い。でも、これが意外と大きいのです。

資格試験に合格した時に、その段階では活かすことができないとしても、その合格した事実を頭の片隅に置いておく。つまり、通常は意識していないけれど、「資格に合格した事実。資格を何とか活かそうとする想い」を無意識の中に置いておく。

そうすることで、自然とその資格を活用するシーンに出くわすようになります。それが、チャンスのタイミングなのです。もちろん、そのタイミングをチャンスと気付くためにはそもそも資格に合格しなければならないのです。

また、そのチャンスに気付いたとき、行動するかどうかも人によって分岐のラインです。行動すれば、新たな道は必ず開ける。結果的に、そのチャンスを活かすことができるようになりますが、行動しなければそのチャンスは素通りしていきます。

つまり、誰にでもチャンスは常に、そして無数に存在している。でも、それに気付くためには準備が必要なのです。さらに、そのチャンスに気付いてそれを活かすためには、行動に起こす事が重要になります。

資格を取っても活かすことができない、と嘆く前に、その資格をどうすれば活かすことができるのかイメージしてみる。そうすれば、目の前のチャンスに必ず気付くことができるはずです。もちろん、それはすぐかも知れないし、ある程度時間が掛かるかも知れません。

仮に、時間が掛かってもまだチャンスが発見できない場合には、資格以外の何かがまだ足りない。つまり、準備が不足していると言えるのです。この場合、あなたの気付く範囲で何かをやってみると、急に開ける時が来ます。

焦らず、冷静に、自分と向き合ってみる。そうすれば、資格を有効に活用する道は必ず開けてくるものです。そうでなければ、これほどまでに資格試験の勉強をしようと思う人はいないはずなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です