女性が資格で士業として独立開業すると成功しやすい

誰もが一度は夢に見るのが、独立開業。一般的に、独立願望は男性の方が強いと思われています。しかし、あなたも一度くらいは独立したい、自由に仕事をしたい、などと考えたことが少なからずあるのではないでしょうか。

最近は、女性の創業者が増えています。いよいよ、現実社会の中で女性の社会進出が高まってきたと言えます。

そして、女性の中で人気のある創業形態、すなわち創業の方法としては、「士業」での開業が多くなっています。士業とは、○○士という名の資格を基にして独立することを言い、社会保険労務士事務所や、行政書士事務所など、ある程度難易度の高い資格、大型の資格であって、○○士と付く名称のものを言います。

(ただし、必ずしも○○士と「士」が付くから「士業」というわけではありません。一般的に、資格を武器にして独立開業する人のことを「士業」と呼んでいます)

士業は男性の比率が高いとはいえ、最近では女性の開業比率が上がってきています。そもそも、これは女性の資格試験受験者が増えているということがあり、また、多くの資格試験では男性よりも女性受験者の方が合格率は高くなっています。

さらに、女性の社会進出が広まる中、士業以外の女性経営者は増加傾向です。そのような経営者は、士業者にも女性を求める傾向にあり、そこのニーズがマッチしていることも一因です。

士業の場合、会社などの法人設立ではなく、個人事業主として開業するのが一般的です。個人事業主は、基本的に経理などの一切の事務や雑務を自分でこなす必要があり、意外と細かい仕事が多いのです。

女性は、それらの事務処理能力に優れている人が一般的多く、独立開業しても経費コントロール等もシビアなため、軌道に乗りやすい傾向にあります。家庭と同じように、財布は女性に持たせたほうが良い、ということかも知れません。

あなたが独立開業を狙っているのであれば、まだまだ女性士業が少ないうちが狙い目です。専門分野を持っていればこなしきれないほどの仕事の依頼があるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です