選択肢を複数持つ

急に会社をクビになる。離婚をする。いずれも、他人事ではありません。現実に、いつ自分の身に降りかかるかは予測不可能です。

人生の転機と言うものは、誰に取っても訪れます。そして、それは1回だけではありません。いつ訪れるのかも分かりません。自分の意図する転機と意図しない転機が存在するのです。

人生の転機をチャンスにする

人生の転機をチャンスにする

我々の人生は常に様々な選択を迫られているものです。つまり、進む道は複数ある。

しかし、道を複数用意することができる人と、1つしか用意することができない人がいます。もちろん、1つの道を極めるというのも非常に重要です。ただ、それは自分以外の環境が安定的であれば何ら問題はありませんが、現在のように環境が激変し、自分の意図せざる転機を迎える可能性が高い場合には、1つの選択肢しかないというはある意味リスクを抱えていることになります。

どんなにその会社でがんばって評価されても、その会社が倒産の目に遭えば、次なる道は閉ざされてしまう可能性が高い。でも、仮に予め「意図せざる転機を予測してリスクに備える」ということは可能でしょう。

つまり、あなたの会社がいきなり明日倒産しても、あなたの旦那が急に蒸発しても、生活していける「選択肢を複数持つ」ことはあなたにとって非常に意味のあることだといえます。

「会社を辞めたい」というOLは非常に多いのです。厳しい言い方ですが、だったら辞めれば良いだろう、人生は一度しかないのだから無理に嫌なことをやる必要もない、と思うこともあります。辞めたいのに辞められない、と言うのは、自分の中で選択肢が用意されていないからのことです。

ここで言う選択肢は、「今後生活することができる選択肢」である必要があります。何が起きても、自分の力である程度は生きていける、そういった選択肢を持つことが今後は重要だと思うのです。

そこで、資格を持っていると有利に働くことは明らかです。ある程度難易度の高い資格を持っていれば、「潰しのきく女性」になることができますから、明日会社が潰れても、自分の専門性を活かした仕事ができるはずです。

資格を持っていれば、転職にも有利に働くでしょうし、独立可能な資格を持っていれば独立する選択肢もあります。営業に不安があるかも知れませんが、意外と腹を決めて独立してしまえば、何とかなるものです。

仕事を辞めたいと言いつつ、自分の将来の選択肢を広げる努力をしていないとすれば、今の会社に依存しているわけですから、辞めたいと思うことがある意味失礼だと思うのです。

実際に、私も複数の資格を持っていますが、仮に明日会社が倒産してもすぐに収入を得る自信はあります。必ずしも合格した資格を活かすかどうかは分かりませんが、少なくても様々な資格を取得してきた過程で身につけた自分に対する自身があるのです。

輝いている女性、自分に自信を持っている女性をよく見ていると、様々な人生の選択肢を持っているような気がします。それは、一つのことに徹底的にこだわりつつも、ダメなら他の選択肢もある、というある意味での余裕だったり、自分に対する自信だったり。

選択肢が狭い(少ない)と、どうしても1つのことの固執してしまう。1つのことに執着すればするほど、そこに依存してしまう。本来は、様々な可能性を広げたいのに、なぜかそこで安心している。でも、実は満足していない。だからと言って、新たな道に進む勇気もなく、結果的に毎日に余裕がなくなってしまう。

こんな葛藤を持つ女性は意外と多いようです。

だからいけないということではありません。自分の人生は自分で作るものですから、善し悪しの世界ではありません。しかし、少なくても、選択肢を広げることは誰でもできるのだと言う事実はあります。

そして、それは人に頼るものではありません。自分が広げるのです。

選択肢を複数持てば、心に余裕が生まれます。心にゆとりができます。そうすると、今まで見えなかったことがたくさん見えるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です