勉強を始めてスランプになった時の対処法

スランプは突然やってくる

新年、新たな思いで資格の学習を開始した主婦・OLは多いことだと思います。年をまたいで勉強している女性も、年明けから新しく資格の勉強を開始した女性も、一年の区切りである年末年始にはいろいろと考えることもあったと思います。

 

想いや考えは人それぞれであったとしても、資格の取得を目指すという意味では共通しています。資格合格のためにはそれほど難しい作業も必要なければ、特別に賢い頭も秀才としての学力も必要ありません。

 

ただ単純に「基本的な問題を繰り返す」、ただそれだけです。そんな資格試験は簡単ではない!と反論されるかも知れませんが、実際に合格した人は、誰でもできる基本的なことを誰よりも確実に解けるような状態にした、それが真実です。

 

 ならば資格試験に合格することなんて簡単じゃないか!と思えるでしょう。そうです。やることの作業自体は非常に単純明快。そこに難しさということは一切ありません。

 

しかし、単純なことを繰り返し継続して行うことは人間にとって想像以上に苦痛を伴うもの。

 

あなただって、毎日の同じ生活に飽き足らずに資格試験を目指すわけでしょう?毎日の夕食が同じメニューだったら嫌になりませんか?毎日会社に行って同じ人に囲まれた状態で全く同じ仕事を365日繰り返すとしたらどうですか?

 

単純なことはやるのは簡単ですが、続けるとなるととたんに難しくなる。それが資格試験に合格することの難しさです。そして、それに耐えることができないと、勉強が手につかなくなる。いわゆるスランプに陥ることになります。

 

やることは分かっているのに、やる気がしない。そりゃそうです。昨日やった問題と同じ問題をまた今日もやるのが資格の勉強なのです。昨日やったことを今日もやっても仕方ないと思うかも知れませんが、それをやらずにいると記憶として定着せず、せっかくできる問題でも、いずれできなくなってしまう。

 

その結果、後になるとできたはずの問題がどんどんできなくなっていき、やる気がなくす。そして、自分の記憶力の弱さに嫌気がさす。そんな繰り返し。

 

やらなければいけないことは分かっているのに、単純・単調であるが故に「できない」という状況に陥るのがスランプです。

スランプになったら喜ぶ

スランプになったら、むしろ安心してください。その理由は、資格試験の合格者は少なからず「スランプを経験している」という事実があるからです。つまり、スランプ状態に陥ったとすれば、それは合格する素質があるということ。

 

少し強引だと思いますか?

 

でも、実はあながちそうともいえません。なぜならば、単調なことをしているから勉強をする気がなくなるということの方が多いからです。一方、難しい問題や基本的なことをおろそかにして勉強しているほうが、内容的には楽しいため比較的スランプにはなりにくい。

 

スランプになるというのは、勉強方法に間違いはないということを示唆しているというわけです。単調であるが故にやる気もなくなるというわけです。

 

スランプになったら「合格者もみんな同じ思いを経験しているんだ」と思えば良いのです。そして、少しの間休んでみる。そうすれば、自然に勉強をしたくなることでしょう。

 

スポーツ選手にもスランプは付き物。野球選手であれば、ひたすら素振りをしたり、ランニングをしてスランプを克服するといいます。スランプに陥ったときには難しいことや複雑なことをするのではなく、徹底的に基本を守っていく。

 

スランプになったら「喜ぶ」ぐらいのゆとりを持って欲しいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です